人気ブログランキング |

Hiro's Sweets_Life


子育てとおいしい物と日々思うこと
by hiro-sweets-life
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2009年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

転院

前回外泊できるといったばかりですが、急に転院が決定しました。

大学病院ではもう手術もできないしあとはリハビリを頑張るだけという
ことで回復期リハビリの病院を勧められたのですが、発症から60日は
急性期のリハビリが受けられるので、リハビリに力を入れている病院に
転院希望を出していたのです。
でも同じ急性期のリハの病院に転院はあまり例がなく、受け入れられるかは
可能性が低いということで期待していなかったのですが、なんとその病院側から
OKがでて、その翌日転院するようにと連絡をいただきました。

で、今日転院です。
リハビリ科で診察していただき、その先生がおっしゃるにはすでに拘縮が始まって
いるということでした。そのため回復するには時間がかかるということでした。
悪いほうの手を良いほうでカバーしていくというリハビリではなく、悪いほうを
回復させるのが目的であり、かなり厳しいリハビリになるということ、
本人がイメージを描いてとにかく治すという気力がなければ動かないということでした。
ときには良いほうの手をまったく使えない状態にしてしばらく過ごしたりもするようです。
でも主人は治したいという気持ちでこちらに転院したので頑張ると言ってくれました。

転院した今日からリハビリも始まったようです。
同じ電気治療も今まで15分だったのが5時間くらいかけてされたようで
非常に疲れたとは言いますがさらにやる気がでてきたようです。

入院は急性期の病院なのであと3週間くらいの予定です。
でもこのあとに行くように言われていた回復期の病院に転院する必要は
なく通院または訪問でリハビリを続け、自宅でのリハビリをするようにということでした。


今回の外泊中止はみんな残念ではありましたが、いい病院に転院でき
退院も早くなりそうなので喜んでいます。
あと少し。退院が近づいたのは本当に嬉しいです。
限られた入院期間、どこまで回復するかわかりませんが期待していたいと思います。
by hiro-sweets-life | 2009-01-30 22:04 | 主人の病気について

外泊できます!

主人はリハビリの頑張りのおかげで現在病棟内は杖歩行をしていて
手も肩が動き手を顔まで持っていくことが出来るようになりました。

手の回復はリハビリの先生も驚いたようです。
少しずつでも動くようになってきていずれは指先まで・・・と期待しています。

そして嬉しいことに外泊OKがでました。
病状的に落ち着きリハビリのほうも自宅での生活がなんとか出来そうだと
いうことで今週末1泊で外泊することに決定しました。

現在自宅の階段を想定して昇降訓練しています。
手すりが両方にないので降りるときは杖を使うことになるのですが
これもなんとかクリアーできそうです。
もちろん集中しなければ危険なことがあるのでこういうときは娘は
近寄れませんが。

外泊できるとわかってから娘はとても嬉しそうでした。
「よかったね~」と何度も言って喜んでいました。
主人が入院してからは、朝起きた瞬間から「お父さん手動かないの」と言ってみたり
娘なりに気にしているようです。
今回の外泊を退院と勘違いしないかちょっと心配ですが・・・。

あと2日。
帰ったらどんなご飯が食べたいかな?無理は出来ないので食べること位しか
楽しめないと思うので主人の食べたいものを作ってあげたいと思います。
そしてまたリハビリに励んでもらいたいです。
by hiro-sweets-life | 2009-01-28 22:20 | 主人の病気について

治療方針

21日に主治医から病状の説明と今後の治療方針等について話がありました。
主人と家族全員で聞くことができました。

脳出血についてはまだきれいに検査でうつっていないこと、場所がとても
深くて難しい場所なため手術は困難ということでした。
血管の奇形らしきもの(シャント)が出来ているのはわかるようですが
出血部位の特定が出来ないようでした。
手術をしたことで麻痺を悪化させる可能性がとても高いということで
最終的には何もしないことが治療方針ということでした。
この件についてはセカンドオピニオンを探してみてもらうこともすすめるという
ことでした。

あとは今後急性期は終わり回復期なので、回復期のリハビリ病院を探すことに
なるということ。

この二つは主人にとってとても辛い話でした。もちろん私達家族にとっても。
何とか検査をして手術が出来ないものか。セカンドオピニオンは同じ長野県内では同じ
大学をでている医者ばかりなので意味がないということで他府県で探すようにと
いうことで、現在いろいろ探している最中です。

リハビリについては、数ヶ月中に治す気満々だった主人は落ち込んだようです。
今の病院で治すと思っていたのに、完治は無理で時間もかかると言われたので。
様々な医療の取り決めによって制約があって発症からの日数で病院を
移動しなくてはならないこと、いざ経験するととても厳しい決まりです。

維持期のリハビリ施設までに行くことなく治すという主人の気力で
なんとかなってくれないかと期待はしています。

現在杖で歩行可能になり、日中はトイレにも行くようになりました。
まだ不安定ではありますが予想より早くここまで出来て、主人の頑張りに感動です。
手はなかなかですが肩は動くようになってきています。

先生は経験上とか統計的なものなどでお話されていますが、
主人はきっと気力で麻痺を克服してくれるような気がします。
先生をびっくりさせてやる、位の気持ちで今後も頑張ってくれると思います。

主人の日々の気持ちを綴っています。azumino_life
良かったら読んであげてください。
by hiro-sweets-life | 2009-01-24 21:47 | 主人の病気について

病棟閉鎖

13日に血管造影の検査をし、とりあえずは手術の必要はないという話に
なったのですが、15日にドクター間のカンファがあって、きれいにうつっていない
部分の奥に何かありそうだという話になったそうです。

木曜日から主人の入院している病棟でインフルエンザが蔓延している
ということで面会が一切できず、病棟閉鎖ということになってしまいました。
面会はできないけれど先生の話を聞きたくて金曜日に病棟に行ってきました。

担当医から聞いたところ、やはり奥深いところに血管の奇形があるかも
しれないということでした。ただかなり場所が脳の奥なのでまたMRIをとり場所を
しっかり確認してから手術も検討するということでした。
神経がたくさん集まっている部分で手術をすることにより、もしかしたら
麻痺が悪化するかもしれないのでかなり慎重になっていると言います。
脳でもとくに深い部分なので慎重になるのは当たり前だとは思いますが
一度なくなった手術の話が再浮上したことについては私も主人もかなり落胆しました。

リハビリを一生懸命したらもう退院できると思っていたのでかなり辛かったです。
面会も出来ない状況で主人にとってはダブルパンチをくらったようなものです。
話のあと主人と電話で話しましたが落ち込んでいる様子がよくわかり辛かったです。

でも手術しなければ再出血の可能性が高いこともあり、いつかはやらなくては
ならないものだとは感じています。
ただ本当に安全に手術できる場所なのか。しっかり検討していただいて
みんなで納得できる結論が出せたらと思っています。

この土日、まだ面会ができず私達家族もちょっと休憩です。
会えないのはとても辛く寂しいですが家族も少し休憩をとって体調を
整えて今後に望みたいと思います。
by hiro-sweets-life | 2009-01-17 22:12 | 主人の病気について

回復しています

今週に入って私の風邪が悪化し、娘にもうつしてしまったので
咳が出ている間2日間主人の面会を休みました。

たった2日開いただけなのに主人の状態が良くなっていることを感じました。
もちろん身内の欲目で見てしまっているかもしれませんが
表情が良くなっていて話がたくさんできるようになっていて嬉しかったです。

入院後ずっと頭痛が続いていて鎮痛薬をつかってもあまり効果がなかった
ようですがその痛みも少し和らいできたようです。

正月休みがあけてからリハビリも本格的に始まり、理学療法、作業療法
言語療法と3人にリハビリを受けています。

今日の話では歩行訓練は装具なしで手すりにつかまり介助でなんとか歩けるということでした。
もちろん膝折れしやすいのでまだまだ訓練が必要ですが一応目標は
杖なしでの歩行だということでした。
左手はまだまだ動きませんが電気治療を加えながら気長にやっていこうと
いうことでした。

脳の出血についてはCT上まだ出血がひいていないので奇形のある血管が
しっかり見えないので造影は来週ということになりました。
来週の造影でももしかしたらまだ血管が見えないかもしれず、そうしたらまた
後日造影で手術を決めるそうです。
とにかくまだまだ長期間かかりそうです。

あせっても仕方が無い病気なのでじっくり確実に治すよう主人と頑張っていきたいと
思います。
皆さんには本当にあたたかいお言葉をいただき嬉しく励みになっています。
主人にも伝えています。
主人に代わりお礼を言いたいと思います。本当にありがとうございます!
そしてみなさん健康は本当に大事ですよ!
健康であってこそです。少しでも異常があれば早く病院にいって取り返しのつかない
ことにならないようにしてくださいね。
元気は当たり前ではありません。日々を大切にお過ごしください。
by hiro-sweets-life | 2009-01-08 21:58 | 主人の病気について

主人のこと。

22日の夜、主人が救急で運ばれてから、怒涛のような毎日で
気がつけば今日はもう4日でした。

主人の病名は脳出血です。
やっと少し落ち着いて文字にすることができました。
左の麻痺があります。完全に麻痺をしているわけではないのですが
手は自力では全く動かせません。触っているのは分かる程度だそうです。

若くして脳出血をするのは脳の血管に生まれつきの奇形があることが
多いそうですが、主人の場合もまさにそれで起こったそうです。
これを取り除かない限り再出血の可能性があるそうで、今後検査をして
血管の状態をみて手術が決まるそうです。

ICUで朦朧としていた状態から思えば今はずいぶん良くなっていますが
手術となればまた1から安静になるし、手術自体のリスクも高いので
不安がいっぱいです。

でも一番不安でたまらないのは主人だと思います。
「手が動かない」・・・これだけのことを受け入れるにはすごく時間がかかるし
受け入れたくないはずです。私も正直とてもつらいです。
でも私が泣いていてはしょうがないのでこれからしっかり支えていってあげなくては
と決心しました。

きっと長い入院生活、そして退院後もリハビリを続けないといけないと思います。
どこまで回復するかはわかりませんが、先生からも若いのできっと大丈夫と
言われているしそれを信じてリハビリに専念したいと思います。

みなさんには暖かい励ましのお言葉をいただいて本当にうれしかったです。
ありがとうございます!
今後もなかなか更新できませんが時々どんな経過か記録に残したいと
思っています。
こんな内容でもどなたかの役に立つかもしれないので。

さいごに今年も宜しくお願いします。
by hiro-sweets-life | 2009-01-04 22:09 | etc・・・

最新のトラックバック

H20,1/17(木) ..
from *K&L*
かっぱおにぎり
from 山のおうち
 三つ子の魂百まで
from good times*

ファン

ブログジャンル

画像一覧